動くのも辛い関節痛を普段の生活で改善するには?

膝などが痛くなり人によっては歩くことすら苦痛になるのが関節痛です。
年齢を重ねることなどによる軟骨のすり減りが原因で、症状が進むと痛みの他に炎症を起こす場合もあります。
しかし普段からの食事や運動を工夫することによって改善も期待できます。そこで関節痛に効果的な方法をここで紹介しましょう。

 

食事での改善法としては軟骨の材料となるコンドロイチン、そして軟骨の主成分の一つであるグルコサミンを多く含む食材を意識して摂ることです。特に山芋やオクラはどちらの成分も含んでいるため積極的に摂りたい食材です。

 

関節痛の改善には適度な運動も効果的です。
背筋を伸ばして椅子に座り、片足ずつゆっくり上げ下げする運動や、仰向けになって片膝を曲げ、伸ばした方の足をゆっくり上げ下げするという運動をそれぞれ左右交互に4〜5回やるのが膝関節痛に効果を発揮します。

 

また、太り過ぎは膝に負担をかける原因になります。
将来膝関節痛を発症しないためにも適度な体重のコントロールは重要であり、そのためにも運動は欠かせません。

 

このように普段から意識することによって関節痛を改善することは可能なのです。将来歩くのも辛いということが無いよう、普段から心がけてみませんか?