一緒に摂取して相乗効果を狙おう!グルコサミンと相性の良いサプリ。


硬い骨と骨が繋がってできている我々の体。なめらかに動かすことができるのは、骨の先端に軟骨があり、クッションの役割を果たしてくれているからです。
その軟骨の中にあるのがグルコサミン。
アミノ酸の一つで、軟骨が擦り減ったり損傷しても補修してくれるのです。

加齢で減少する体内のグルコサミン

しかしながら、グルコサミンやプロテオグリカン(北国の恵み 注文する注意点)は年齢を重ねる中で少しずつ減って行きます。
お年寄りになると滑らかだったからだの動きがギクシャクとしてきて、動くたびに痛みを感じるようになるのはそのためです。
いつまでも元気に動き回れるようにするには積極的に補ってやるしかありません。
エビやかにといった甲殻類の殻の中に、フカヒレなどの食品にも多く含まれている成分ですが、なかなか毎日摂取できるような食材ではないだけにサプリメントを利用して効率的に摂る必要があるのです。
たとえ毎日摂ったとしても体内での吸収率も決して高くはありません。

効果がより高くなる相性のよい成分は?


せっかくグルコサミンサプリメントを摂取するのであれば、その効果がより高くなるような相性の良い成分も一緒に摂りたいもの。
そこでおすすめなのがコンドロイチンやコラーゲン・ヒアルロン酸なのです。

コンドロイチン

コンドロイチンは同じく関節痛を緩和してくれる作用を持つ成分であり、こちらはムコ多糖類の一種です。
軟骨を強化するグルコサミンと違い、こちらは軟骨が破壊されるのを抑制してくれるのです。
二つの成分の連携プレーによって我々の身体の関節と軟骨は守られているのです。
こちらも食事から摂るのは難しいため2つの成分が配合されたサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

コンドロイチンの方が希少なので高価

ただ、コンドロイチンの方が希少な成分だけに、一緒に配合されたサプリを選ぶとなるとすこし高額にはなります。単に関節をスムーズに動かしたいというだけなら単体で、痛みも伴うくらい激しくなっているのであればどちらも入ったものを選ぶというのがいいでしょう。

コラーゲン・ヒアルロン酸

美肌を保つためにも欠かせない成分であるコラーゲンとヒアルロン酸もまた関節痛緩和に効果的です。
年を取るに連れて顔だけでなく体全体の潤い成分も失われてきており、それが関節の痛みに繋がっているため、これらを一緒に摂取することで軟骨の滑りをスムーズにしてやるのです。
もちろん、毎日摂取することでお肌へも良い影響が出てくるでしょう。

効率良く摂取するならサプリがベスト


若いうちは大丈夫でも年齢を重ねていくとこれらの成分はどんどん減少していってしまいます。
食事だけでは補いきれない以上、身体に不調が出る前にサプリメントでうまく取り入れましょう。